カテゴリー:未分類

 

 

寒くなると聴きたくなります。マーティンさんの路上ライブ。

温かくて優しくてきれいな歌声です。

 

行きかう人のドラマも想像してしまうような映画のような映像

とても大好きです。

 

海外旅行に行きたくなります。

カテゴリー
タグ

 

昨夜は、不思議な月夜に驚きました。

そして、自分は何を知っているんだろう。

知らないことだらけで、こうして毎日生きれていることへ

畏怖の念が湧いてきました。

 

イエス様という神様がいること

この方は人であったが神様であること

 

とてもシンプルな信仰ですが、

どうしてこうはっきりと言えるのか

これだけは、一人、ひとりに起きた身の上話で

同じ話は一つもない、と思っています。

 

私の身の上話をしても良いでしょうか。

 

結構です、と言われることもあるが、聞いてみたいという方もいる。

 

私たちは家族でイエス様を味わった。

あれもこれも奇跡だった、そして今も続いている。

 

だが途中の奇跡を綴る前に、

時代が大きく変わっていくちょうど今、家族はバラバラになっている。

あれと今のこれと・・・証ししあう霊にあっての新しい兄弟姉妹が

バラバラに、繋がらずにいる、油断したな、と痛恨の思いでいる。

 

油をたやすな

油は神の霊

一人きりの熾火のような火でも二人なら松明

それを束ねれば常夜灯になれるから、バラバラになるのはやめよう

注意しよう、と声かけあっていたのに

コロナ禍の直前に何故だかみなバラバラになってしまった。

 

感染予防に追われている間に2年近くの歳月が過ぎ

昨夜の月夜に、はっとなった。

 

「子らよ、わたしに帰れ」

 

人間の私でも子供たちへそう願い祈り魂は訴えている。

 

私たちの造り主

主は、触れば消えてしまうわが子たちを、どのように見ているのだろう。

失いたくない、一人も失いたくない、と見ておられる神様

 

それなのに、

イエス様を知った、ということを、

生きていく上での最上のツール、死と復活を知ったことだけを

妙に長けて使いこなし・・・

神様そのものをお前は知ろうとしてきたか・・・と、

 

月のまわりにできた見たこともない大きな輪

神様が天から見ているような神秘に息を呑み何度も何度も空を見上げた。

 

神秘

 

神様の息遣いがすぐ近くまで迫ってきているように感じて

昨夜は、天が近かった。

わたしだ、と天が近かった。

 

賢い乙女でいたい

常に油を携えている乙女でいたい。

 

神様を第一とする非凡な達人に出会った日々を思い出し

命をかけて神様を伝えてきた先輩方を思い出した。

 

コロナ禍で集えないクリスチャンライフの危うさを昨夜は気づかされました。

集まることをやめてはいけない。

そう聖書に記されている。

 

 

早く通常どうりシェアできる日々を祈ります。

 

カテゴリー
タグ

 

月の周りの空間が台風の目の中のようで不思議な光景です。

月の周りが虹色のようにきれいな光景は何度か見たことが

ありますが、今見た月夜は初めて見ます。

 

厳かな気持ちがわいてきて

あったかい掛物を持って、何度か屋上へ行ったり

月夜の下で、初めて見る空の光景に祈ってきました。

 

主よ、とりなしてはここにいます。

使ってください。

しもべはここにおります。

 

神様の霊が満ちる時の心地よさが広がったので

思わず、目を閉じて祈りました。

 

どこまでが同じ空の景色が見えるのか素人なので

わかりませんが、まだ寝ていない方は空を見上げることを

おすすめしたく、急いで書いてみました。

 

カテゴリー
タグ

 

 

寝る前にぐらぐらと来たので、

いつものようにすぐおさまるだろうと思っていたら揺れが長い。

 

ヘルメットや雨靴などを準備し、水を用意

それでも寝ないといけないので、部屋のドアを開けたままにして就寝

 

3.11の時以来だと報道で知ったが

水害や台風やコロナ禍で、少し鈍感になってしまった恐怖心

 

この感覚はなんだろう・・・と思う。

それでも日常を淡々とこなす。

 

生身でここ数年の災害や災難を受けていたらどうだっただろうか。

救われる前、繊細さんだったと自分のことを思う。

 

感じる心が強すぎて

あの人にこの人に気を遣い過ぎて八方美人過ぎてグッタリしていた日々

あれを卒業した今では、鈍感力が自分でも相当ついたと思う。

 

心のひだが繊細に揺れ動かなくなった分

行動する力がついた。

 

救われた当初の生活から想像できないが

私たち家族は東京で生き抜いている。

 

自分の力が10パーセントで90パーセントが神様の力

導きと備えと守りと癒しと・・・限りない愛

危なっかしい私に、

それでもまだ自由意志を尊重して預けて下さっておられる神様

失敗か・・・と思う間もなく、修正し立ち上がらせて下さる。

 

もう怖くない

実はもう何も怖くないのです。

 

電車の終着駅はわかっている。

乗っている電車の名前も知っている。

車両は違えど、家族もみな乗った。

各駅で停まるたびに、あの人へこの人へ声をかける。

乗りませんか、天国行きですよ、と。

 

洗礼後、一人でいると

知らない人によく声をかけられるようになった。

気遣い時代の、かつての私が声かけられた時とはまるで違う・・・

ぼおー、とのんびりしている時によく声をかけられる。

 

「あなた天国への片道切符、売っている人ですよね

時間ありますか、一緒にお茶しませんか」

 

池袋で、初老の紳士に声かけられた時の、あれをナンパというらしいが

ええ、そうです、と答えそうになった上京したばかりの頃、

 

透けて見えるのですよ、

と言われて

怖いような納得したような気分だった。

 

今を誠実に生きる

 

これに尽きる、と今は思います。

 

聖書を語る時、

自分の体験以外を知らないので証しをひたすら書かせていただいています。

記事の記述が時系列が前後する場合もあり、

読みづらいところはお許しください。

 

 

カテゴリー
タグ