気づけば、迷子のような今年の行ったり来たりの慌ただしさ

 

そして、当たり前のように凄い人ばかりとシェアしてきたことに

今頃気づいて、今日など、祈りが届かず、ひどい目にあったと自宅に

戻り、またまたはっとしています。

 

神様の指の指し示す通りでないと、

めちゃキツイ目に遭っていると気づいて、これまで味わったことのない

状況に、何かが変だ、とようやく、ようやく自分のおちょこちょいな性格に猛省

している。

 

今年って

やはり例年とは違う

あまりそういうこと言うことなどなかったのに

思い切りスピリチャルなことをそのまま素直に書いてみます。

 

スムーズにコトが運ばない

 

ありえない思いを完全に超えたサプライズや出会いがある

 

体がめちゃくちゃ痛くなる

 

天国にいるようにあったかい気持ちいい気分に浸っている

 

真ん中はないんかい

というように極端な状況に、戸惑っている。

 

場所や人など何も思わないで運ばれてきたイエス様の車両

 

今年、電車が止まってドアが開いて、外へ出て、終われば車両に戻る

砂漠の外を歩いて天幕に戻る

 

そんな感覚がする。

 

昨年まで、私は車両の中だけで生活の糧も得て、子供を育てて、外の景色は

シャーと過ぎていくような感じで見ていたように覚えている。

 

今はなんでしょう。

はいはい、降りて、やることやって、

滞在時間は00時間ね、出発は置いていくことはないけれど

それぞれ未知の世界は冒険せずに、慣れたことをやって戻ってくるだけでいいから

 

という感じで・・・

 

年代によってもちがうのでしょうが

私の脳内は今こんな感覚です。

 

もう完全に迷子です。

処理能力などとうに超えているように思います。

 

穴に落ちた一匹の羊のような気分です。

 

イエス様、穴に落ちた私を救い出して下さった主

 

あの時とは違う穴だとわかります。

 

今度の穴は、

Googleearthで、人が地図の位置にぽつんとはまったあの絵図のような

目指す方向、体の向きも、頼むからもう動かないでいいよ、

そこだから、と迷子の達人の私の脳内はそんな感覚です。

 

主はそこにおられる。

もうあなたと共におられる。

右往左往するな

 

もう何もしなくていい

あなたは目的地に着いている・・・と

 

それと同時に車両のドアも開く

 

さあ、やってきなさい、と促す声も感じる。

 

生きていくって、次々不思議だと思う。

 

厳粛な気持ち、襟を正すような背筋が伸びるような

今年に入ってそんな感覚が強くなっています。

 

「わたしがあなたの神である」

 

ハレルヤ、主よ、感謝します。

 

主は常にいまし今いまし・・・アーメン

カテゴリー
タグ